プロのハウスインスペクター(住宅鑑定士)があなたの顧問建築士です! 住宅コンサルタント ハウス・ソリューション研究所

サービスエリア・・・北陸地区(富山県・石川県)  家づくりコンサルティング サイトマップ 個人情報保護
ハウスソリューションホーム住宅コンサルティング住宅購入新築サポート中古住宅売却サポートリンク料金一覧建築不動産コンサルタント
 
インスペクションとは?
セカンドオピニオンとは
サービスの流れ
悪質な業者と対策



ハウスインスペクションとは



○価格は適正なのか?
○販売会社、施工会社は大丈夫なのか?
○信頼性、誠実性、アフターサービスは?
○土地の履歴や土壌汚染はないか?
○契約書の内容は?重要説明は本当に正しいか?
近年日本での「欠陥住宅問題」は、1995年に起こった阪神淡路大震災で倒壊した建物に欠陥住宅が多く発見され、メディアで大きく取り上げられてきました。しかしながら、欠陥住宅問題は建築の歴史の中で、常に発生していた問題なのです。

住宅の購入を結んでからでは間に合いません。契約前に事前調査が必要になってきます。不動産取引は、相手が専門家なため、一般の方はたとえ騙されていたとしてもわからないことが多いのが現状です。こんなとき、私たちハウスインスペクターにご相談ください!

ハウスインスペクションって?

インスペクションを直訳すると、「視察」「検査」「点検」「監視」などであります。

建物及び、不動産インスペク ションとは、建物・不動産の状態をインスペクターと呼ばれる建物・不動産の専門教育を受けた有資格技術者が、詳しく調査を行い消費者の財産である、 土地建物を消費者の立場に立って健全な状態かどうか確認し守る ことです。

ハウスインスペクターのコンサルティングは、土地探し、法的・環境・履歴などの調査や住宅ローン、各契約書、設計図書、見積書などのチェック、各業者の選定、施工中の検査、完成検査など多岐広範囲にわたります。

住宅を取得しようとする人々の立場を守り、悪徳業者から身を守り、「住」を巡る現状を改善するためには、消費者側にたって、チェック機能をはたす第三者の存在がきわめて重要です。このような役割を果たすのが、ハウスインスペクターになります。

ハウスインスペクターは、各国により名称や制度は異なりますが、1970年代のアメリカで初めてホームインスペクターと呼ばれる専門家集団が誕生したと言われています。web検索により簡単にコンタクトできる仕組みとなっており、現在アメリカにおいて、ホームインスペクターの数は全体で約2万人といわれ、住宅取得者の7〜8割がその検査サービスを利用しております。また、住宅の売り手や不動産取引に携わる人々によきコンサルタントとして機能しています。

ヨーロッパにおいては、コンプリーティッド・ビルディング・インスペクターとしてアメリカ以上に普及しています。

わが日本においても、価値観やライフスタイルの変化と多様化する中心の豊かさや安心して暮らせる環境を求める人々が増えてきており、今後は消費者の身近な必要不可欠な上級専門家になるでしょう。

ハウスインスペクターは、社会情勢や時代背景に鑑み、建設業界を正常化に導き消費者を安心生活へ導く救世主となるものです。

 
  ページのTOP  
copyright